ボケ予防

コーヒーミルの使い方

コーヒーミルには手動式と電動式がありますが、どちらを選ぶかはその人の自由です。
ただし手動式を選んだ場合は、使い方にはいろいろコツがあるので、ここでは手動式の使い方について紹介していきます。

格好を付けて手動式を購入したけど、なかなか上手く使えないという人がたくさんいます。
その理由は、ほとんどが最初に挽き方の調節を間違えたのが原因です。
大抵は細かく挽きすぎているようです。
最も多いのは、業務用のミルで挽いた粒の大きさに、粒度を合わせようとしていることが原因です。
これらは全く精度が異なるので、粒の大きさを合わせようとしてはいけません。
また手動式には調節ネジがついているため、いろいろな粒の大きさに挽けると思うようですが、実際は全ての機種で目盛り3つ分程度しか使える挽き方はありません。
手動式のコーヒーミルで挽くと、粒の大きさにムラがあるのではじめは不安になるかもしれませんが、実際に飲んでみると味にはそれほど大差はありません。
何と言っても電動式と比べると、値段も安くて掃除も非常に簡単で、慣れると手軽に使えるのでおすすめです。
したがって、手動式の場合は、挽きムラを最初から考えて、少し大きすぎると思うくらいに挽くのがコツです。
コーヒーミルを掃除した後にも、挽きの調節は必要になるので、徐々に慣れていきましょう。
家庭でおいしいコーヒーを楽しむために、コーヒーミルは必需品となります。
手動式でもそれほど安いものではありませんが、これがあればかなりコーヒーライフを楽しむことができます。
コーヒー好きの多くは豆を挽いている時も楽しく、その時間を楽しみたいという人も多いので、その意味でも電動式よりも手動式がおすすめとなります。
またコーヒーが好きでない人でも、これを置いているだけでインテリアになります。手動式のものに絞っても、日本製から海外製品まで本当にたくさんの種類が販売されているので、自分の好みに合わせて後悔しないように選んで下さい。

このようにコーヒーミルには電動式と手動式のものがあり、手動式のものは最初は上手く使えないかもしれませんが、慣れれば誰でも使えるようになり、コーヒーをより楽しむことができます。