ボケ予防

コーヒーベルトってなに?

コーヒー好きの人でなければ聞いたことはないでしょうが、コーヒーに関した言葉の中にコーヒーベルトというものがあります。
一体これば何なのでしょうか。
ここではそれが何かについて紹介していきます。

コーヒーベルトとは、南北回帰線(北緯約25°南緯約25°)の熱帯地方で、コーヒーの栽培に適している地方のことです。
その呼び方の他にも、コーヒーゾーンとも言います。
しかしコーヒーベルトであれば必ずしも美味しい豆がとれるわけではありません。
良質な豆は、標高が高ければ高いほど収穫できるとされていますが、霜害を避けなければいけないこともあり、実際に収穫可能な場所は必然的に限られてきます。
また温度や適度な雨量も必要となり、平均最低気温が15℃~平均最高気温30℃の間で、強すぎる直射日光があたらない場所と、本当に美味しい豆を収穫するのはかなり困難だと言われています。
コーヒー豆は気候や温度や土壌など、生産された地方の環境によって風味が全く変わります。
したがってそこで収穫された豆でも、その産地によっていろいろ異なる特徴を持っていて、それを把握することにより、個性があるいろいろな風味を楽しめることになります。
しかしそこでしか栽培できないわけではなく、さらに最近では地球の気温変化の影響で、その栽培に適した場所もだんだん減少していると言われています。
日本でも沖縄や小笠原諸島では屋外の栽培に成功していて、さらに北海道でも収穫されているようです。
またコーヒーの木は常緑樹ということで観葉植物としても人気が高いので、園芸店などでも見られるようになっています。

このようにコーヒーベルトとは、コーヒーの栽培に適している地域のことで、美味しい豆を栽培するためには、場所だけではなく、気温や適度な雨量などいろいろな条件を揃える日知用があります。
もちろん場所に限らず栽培は可能で、日本でもいろいろな地域で栽培が行われています。