ボケ予防

美味しいコーヒーが飲めるお店

コーヒー好きにとっては、喫茶店やカフェを選ぶ時にはどのようなコーヒーを提供しているのかが最も気になるポイントでしょう。
最近では有名なチェーン店が日本全国で営業していますが、本当に美味しいコーヒーを提供しているお店はそれほど多くはありません。
ここでは美味しいコーヒーが飲めるお店の特徴について探っていきます。

美味しいコーヒーが飲めるお店では、当然豆にこだわっています。
豆の種類は、コロンビア、ブルーマウンテン、キリマンジャロなど数え切れないほどですが、人によって好みは異なるのでここでは触れるのは避けておきます。
美味しいコーヒーを提供するには、豆の鮮度が重要になります。
美味しいコーヒーが飲めるお店は豆の鮮度にもこだわっていて、保管の仕方も工夫して鮮度を保っています。
また、焙煎後は1週間~2週間程度飲んでしまうのがいいとされています。
豆を購入する量もきちんと考えて、鮮度を落とさないようにすることも大切です。
美味しく淹れるには、使用する器具に合わせて豆の挽き方を変えることも大切で、おすすめのお店ではきちんとそのことも考えています。
一般的なお店では、豆を細かく挽きすぎる傾向があります。
少し粗めに挽いて、豆の量をケチらないことも美味しく淹れるには重要なポイントです。
一口にコーヒーと言っても、抽出方法はいろいろあります。
ペーパードリップ、ハンドドリップ、フレンチプレス、サイフォン、エアロプレスなどが代表的なものですが、美味しいものを飲ませるお店では豆の美味しさを最大限に引き出すために抽出技術を研究しているものです。
抽出方法はどんどん新しいものが登場するので、本当に美味しいものを続けて提供するには、日々他の抽出方法もみておかなければいけません。

このように美味しいコーヒーが飲める店では、豆の他にもその保管や抽出方法などいろいろなことを研究し、常に美味しい商品を提供することを考えています。